第10書 ドローンの段

10・299~468 トロイアの密偵ドローン

307:hoi t’ autw kudos aroitoは挿入句である(Willcock、Leafの注釈参照)。動詞tlaieeは挿入句をまたいで308行の二つのアオリスト不定法をとる。

322:Willcockの注釈によると、行頭ee menは誓約を開始する決まり文句。

366:feugown es neeas「船の方へと逃げる彼(ドローン)は」、ディオメーデースたちはドローンを船の方へ追い立て、それをアテーナーが他のアカイア人に手柄とさせないようディオメーデースに加担した。

375:bambainown(「吃る、震える」の現在分詞)は、ここだけの語で岩波文庫 松平訳では「何やら呟く」としている。オノマトペーらしい。

377:heirownが複数である。手は二つある物なので複数、あるいは動詞apsastheenが双数なので二人に両手を掴まれたとも解釈できる。

437:leukoteroi、homoioiともに感嘆の主格である。(Leafの注釈参照)

450:eisthaはeimiの現在形だが、この動詞は現在形で未来の意味を表す。「お前はやって来るであろう」。またこの動詞は次行に二つの分詞diopteusoonとporemixoonを目的の分詞「~するために」としてとる。特に「行く・来る」という動詞は分詞を目的にとる。

|

10・180~298 深夜の作戦会議

194:アカイア軍のトップたちは自分たちのキャンプの外へ出る。外はまだ数多くの死体がそのままになっていて、囲いの傍とはいえ、日が暮れるまではそこまで敵が来ていた戦場である。なぜそんな場所に軍の主要メンバーが来たのか。ピエロンの注釈では、他の兵士たちに気づかれないよう、心配させないようにそっとキャンプを出たとある。

199:diefaineto「~から現れる」、ヘクトールに倒された多くの死体が平原を覆っていたが、その場所だけは死体が除けられ、見えて現れていた。

220:kradiee「心臓」とthumos「心」と主語が二つあるが、動詞otruneiは単数である。二つの主語は一つと見なされている。

224:sun te duo erchomenow「二人一緒に行けば」、pro ho tou enoeesen「一人がもう一人より先に気づく」。touは比較の属格「彼よりも(先に)」。Enoeesenは格言のアオリスト(Willcockの注釈より)。

226:hoiは人称代名詞三人称単数与格。所格的な与格としてnoos「考え」とmeetis「案」の所有を意味する。(「彼の考え」「彼の案」)

|

10・1~179 アカイア軍深夜の招集

7:chiown「雪」、単数対格は本来chionaとなろうかと思うが、どうみても主格にしか見えない。しかし意味的には対格である。

8:ptolemoiostoma(巨大な顎)は「最前線」を意味する。(Leafの注釈参照)

15:頭髪を引き抜く行為はこの時代、悲しみを表現する。

27:poulun「広い」は中性対格の形だが女性形ugreen「海の」(形容詞女性単数対格)にかかる。(Cunliffeの辞書参照)

34:2書587行に、メネラーオスは兄のアガメムノーンの部隊から離れたところで陣を構えたとある。

67:代名詞ee(女性単数対格)は場所を意味しているようだ(Willcock参照)。gaiaからくる女性形と思われる。

173:epi xurou histatai akmees「剃刀の刃の上に」はホメーロスらしい巧妙で洗練された表現である。Leafの注釈にもあるが、薄い刃の上でバランスを保つ危うさの比喩。

174:名詞olethorosと不定法biownaiの並列は、後に不定法が名詞として使われるようになった例である(Leafの注釈参照)

|

10・469~579 トラーキア軍襲撃作戦

524:動詞theeeunto(「凝視する」の未完了)は複数である。主語はヒッポコオーンではない。「トロイア兵たち」である。

531:女性単数与格指示代名詞 theei は場所を差す。アカイアの船々がある場所を所格たる与格で示している。またLeafの注釈では、この行は11書520行から流用されているとのこと。(10書は新しい時代に造られたと見なされている)

540:名詞eposは主格主語である。

547:分詞eoikotes(「~に似た」の現在完了分詞男性複数主格)は二頭の馬を指す。Willcockの注釈では間投詞的な主格であるが無理があるので前行sfoweに合わせて対格ととる、とある。しかし、547行に動詞eisi「~である」が省略されていると理解すれば感嘆の主格で解釈可能である。

|