« 1・68~100 幕僚会議(2)予言者カルカース | トップページ | 1・121~129 幕僚会議(4)アキレウス妥協案を提示 »

1・101~120 幕僚会議(3)総大将アガメムノーン

103:当然アガメムノーンはいきり立つ。感情や精神をもつと考えられている横隔膜が黒くなるほど怒っているというのはホメーロス特有の表現だ。

106:アガメムノーンはカルカースに「今まで私には良い予言を言ったことが無い」と言っている。かつてどのような事があったものかこの「イーリアス」には何の記述も無い。アカイア軍のトロイア遠征出発時のエピソード、エウリピデス作「アウリスのイーピゲネイア」などを思い出させるが、何しろこれは後世の物語であるから違うのかもしれない。ただアガメムノーンも、カルカースに良い感情を持っていなかったことが推察される。占いは本人にとって幸いなことも不幸なこともある。たいがい不幸なことを言い当てられる方が、記憶に残り占術師を恨みもするからであろう。

116:前行でどれだけ自分がクリューセーイスを気に入ってるか述べたてたものの、渋々ながらもここで返却に応じるところはさすがに大勢の頂点に立つ大王である。カルカースの神託とやらはいけ好かないが、軍全体の長として適切な判断を下した。

118:アガメムノーンの要求は彼からみたら、正当なものである。後述でのアキレウスもそうだが、彼らは自分の立場や評価に見合う待遇や褒美を受けるのを望む。

|

« 1・68~100 幕僚会議(2)予言者カルカース | トップページ | 1・121~129 幕僚会議(4)アキレウス妥協案を提示 »