« 1・188~222 幕僚会議(7)女神アテーナー出現 | トップページ | 1・247~303 幕僚会議(9)雄弁なる老王ネストール »

1・223~246 幕僚会議(8)負けじと悪口雑言

225:アキレウスは剣を抜くのを止めた代わりに、アガメムノーンに対し悪口を並べ立てる。それらがただの根も葉もない中傷か、いくらかでも事実を含んでいるものか、以前の彼らの戦いぶりは不明なので何とも言えないが、アキレウスの活躍によりこれまではアカイア軍の陣から遠く離れたイーリオスの城壁近くでいつも戦っていたらしいので、もしかしてアガメムノーンも以前は少しサボり気味だったのかもしれない。だからといってアガメムノーンが臆病であるとは思えない。イーリアス中でも彼が勇猛さを見せて敵将を何人も討ち取る箇所がある。アキレウスの言葉は、怒りのため多分に悪意ある暴言である可能性が強い。

228:thumowi(心で)は、tetlekas(敢えて~する)という感情が発生する体内の場所を示している。この頃のギリシア人は、感極まると熱くなったり、悲しむと痛くなったりする胸の奥にあるthumos(心)を、心臓を取り巻く臓器と考えている。

231:アキレウスはアガメムノーンを「がつがつした下品な家畜のような王よ」と呼び、それは「役に立たない者たちを支配しているせいだ」と言った。愚民たちがこれまで王にこんな横暴な行為を成功させ、助長してきたという。(Kirk(Cambridge Univ)の注釈による)

233:アキレウスは手にしたskeptron(笏杖)に誓う。skeptron(笏杖)の役割は、神に王位を定められた者の徴であり、これを携えて発言する者に掟を守る役目を課す。アキレウスは何を誓ったのか。笏杖とするために切り株から切り出した話などが挟まってわかりづらいが、要するに「切り株から切り離された笏杖は二度と葉を生やさないだろう、それとと同じくらい、いずれアカイア軍が自分の働きを認めて欲し、アガメムノーンの後悔する日が来るのが必然であろう」と、誓いというか予言に近いものである。

|

« 1・188~222 幕僚会議(7)女神アテーナー出現 | トップページ | 1・247~303 幕僚会議(9)雄弁なる老王ネストール »