« 1・488~530 テティスの請願 | トップページ | 1・568~611 ヘーパイストスのとりなし »

1・531~567 ヘーレーの憂慮

533:ゼウスが館に戻ると、諸神こぞってゼウスを出迎えに席を立った。諸神の席そしてゼウスの座った席というものは、オリュンポスで神々の酒宴や会議がよく執り行われる席である。Zeus de eon pros dowmaというところから、そこはゼウスの館の中にあるようだ。同じオリュンポス山でその付近に館を持ち住まっている神もいるが、別の場所に居を持つ神々もいる。誰がそうであるかなど明確ではないが、例えばヘーレー、ヘーパイストス、アプロディーテーなどはオリュンポスに住み、ハーデースやテティスなどはそれぞれ自分の居住場所を持つ。

536:ゼウスとテティスが密談していたのに、ヘーレーは目ざとく気づく。諸神が敬うゼウスに向かい、妻のヘーレーはそのことを開口一番咎め立てる。彼女は特に味方をしているアカイア軍のためにも、このように夫の動向に常に目を光らせている。何しろ、最大の力を持つ女神である自分の思い通りにならないのは、この世でゼウスだけなのだから。そういう意味ではゼウスにとっても、一番の障害は妻ヘーレーであろう。

545:545行mutous複数に対し、547行hon単数、548行ton単数、549行hon単数、550行tauta複数と、同じことを指す代名詞が複数になったり単数になったりしているが、545行mutousは、547行hon(聞いていい話)と、549行hon(聞いてはいけない話)に別れる。二つのものを統合してmutous、tautaと言っている。

555:ヘーレーがゼウスを監視する理由が挙げられている。彼女はひいきしているアカイア軍の敗北を一番に危惧している。イーリアス上で、ヘーレーは全てアカイア軍の勝利を目的として行動している。

562:ヘーレーに向かい、ゼウスはその不遜な態度を戒める。567行のゼウスが持つaaptous cheiras(抵抗できない力で)とは、8書17行以降に詳しい記述あり。ヘーレーが555~559行で述べた事柄について、ゼウスはこの場で認めはしなかったが、15書75行などでヘーレーに対し明らかにしている。

|

« 1・488~530 テティスの請願 | トップページ | 1・568~611 ヘーパイストスのとりなし »