« 1・531~567 ヘーレーの憂慮 | トップページ | 2・1~47 ゼウス、夢の神を送る »

1・568~611 ヘーパイストスのとりなし

571:ゼウス・ヘーレー間が険悪となってしまったこの場面に、ヘーパイストス神を登場させることで雰囲気の緩和を図る。ヘーパイストスの歩く姿が、おどけた滑稽な様子として周囲に受け止められ、場の緊張がほぐれる。彼は素晴らしい物を造りだす技術を持ち、頼もしく、ヘーレーを慰めるこの描写からも人柄にも優れている。姿以外に欠点の見受けられない神である。

573「loigia erga tad’essetai(これは大変なことになる)」ヘーパイストスが危惧するとおり、最強の神ゼウスを本気で怒らせてしまうことは、全ての神々が恐れることである。神々の争いはギリシア神話世界に大いなる乱れをもたらす。彼らが饗宴を楽しむということは彼らにとっても、世界にとっても平穏を示している。

580:各注釈書にもありますが、ei per gar ke~以降、条件文前文だけで文章を中断することによって、言い表せない驚き・恐怖を出している。573行でヘーパイストスが危惧する最たるものこそ、この「ゼウスが(我々を)座から突き落とそうとしたら」である。

590:ヘーパイストスは以前にもヘーレーとゼウスの諍いにおいて、ヘーレーを救おうとし、ゼウスに遠くへと放り投げられている。同場面の記述が15書18行以降にある。

597:他の神々へとヘーパイストスは杯を注いでまわる。この時、左から右へと行く。幸運な方向「左から右へ」行く場面は、イーリアス内にもいくつか登場する。(7書184行、12書239行、24書319行など)

599:ヘーパイストスが神々の間にもたらしたこの笑い(gelows)は、ゼウスとヘーラーの争いの緊張から解放されたことを意味する。

603:この行の否定辞ouには前行の動詞edeuetoを補わなければならない。そしてmenは次行のtheに対応し、補ったedeueto(不足する)は素材として二つの属格formiggos(アポローンの竪琴)と、theでつなげられた604行のmousawn(ムーサイの声)をとる。竪琴とムーサイには、それぞれに関係代名詞の説明がついている。

|

« 1・531~567 ヘーレーの憂慮 | トップページ | 2・1~47 ゼウス、夢の神を送る »