« 2・559~624 船軍のカタログ(2)ペロポネソス半島-アルゴス、ミュケーナイ、ラケダイモーン(スパルテー)、ピュロス、アルカディエー、エーリス(エペイオイ) | トップページ | 2・645~680 船軍のカタログ(4)南東の島-クレーテー、ロドス他ドデカニサ諸島 »

2・625~644 船軍のカタログ(3)ギリシャ西部-ドューリキオン、ケパレーネス、アイトーロイ

629:関係代名詞wosで始まるピューレウスの説明であるが、patri cholowtheis「父によって憤慨されられて」つまり「父に怒って」。

643:行頭towiは接続詞「それゆえ、従って」であり、towi d’ epiで「それ故に、その上に」となる。またpantaは副詞ではなく主語である。「それ故、すべてが彼(トアース)に与えられた」(Willcockの注釈による)

|

« 2・559~624 船軍のカタログ(2)ペロポネソス半島-アルゴス、ミュケーナイ、ラケダイモーン(スパルテー)、ピュロス、アルカディエー、エーリス(エペイオイ) | トップページ | 2・645~680 船軍のカタログ(4)南東の島-クレーテー、ロドス他ドデカニサ諸島 »