« 2007年1月 | トップページ | 2007年7月 »

2・816~877 トロイエー同盟軍のカタログ

816:トロイア本軍・同盟軍のカタログが始まる。そのリストは、(1)トロイア本軍と周辺の国からの援軍(816-43)、(2)ヨーロッパ同盟国(844-50)、(3) 黒海の南の岸に沿った東側の人々(851-7)、(4) 小アジア中の内陸の人々(858-63)、(5) 小アジアの沿岸に沿った南の人々(864-77)。(Willcockの注釈による)

832:否定辞を持ったeaske(放置する、容認する)は、すなわち「思いとどまらせようとした」。さらに反復過去なので、何度もそうしようとした。

841:一語目のtown(彼ら”ペラスゴイ族”の)は、次行のeerche(指揮官となった)がとるものだが、二語目から関係代名詞の説明が入ってしまったため、次行の一語目でもう一度townと言い直している。

851:パプラゴネス族を導いたのがピュライメネースなのであるが、直訳では「ピュライメネースの毛深い心において(導いた)」となるであろうか。毛の生えた心とはすなわち「勇猛果敢な気質」をいう。ピュライメネースは5書576行目で討ち死にするが、13書658行目でなぜか再登場する。(Kirkの注釈書(Cambridge Univ)による)

858:トロイア連合軍の紹介に入ってから、ここのように主語が二人(複数)であるのに、eerche(未完了3人称単数)の動詞が使われているケースが目立ってきた。512行目の Thomas D. Seymourのコメンタリーによれば、元は一人だった主語が後に追加され、複数となったためとある。

870:カリア人のリーダー名は、867行目ではナステース一人が上がっていたが、ここで突如としてアンピマコスも追加される。870~871行目は後世の挿入とみる向きもある(Willcock、Leaf参照)。同名のギリシア方エーリス軍のアンピマコスは再三登場するが、トロイア方のアンピマコスとナステースは、ここ以外に登場しない。そして872行目のhosだが、870~871行目をないものとして考えるならナステースのことだし、そうじゃないならアンピマコス・・・もうどっちだって良い。「女みたいな」という形容は、この時代の男性にとっては不名誉なものであろう。

|

2・786~815 トロイエー方全軍の集結

787:アカイア軍勢が戦闘準備に入ったことを、イーリスはゼウスの元から、憂慮すべき知らせとしてトロイア方にもたらした。

794:ここのnaufin(”船”の複数与格)は場所の与格であるが、奪格としての属格の意味を持つ。「アカイア人たちが船々(のある場所)から(離れて)出撃するのがいつかと待ち受けて」

813:トロイア方が集結した丘の名前が、人間と神とでは違っている。人間たちはbatieia「棘(茨の意)の丘」と呼び、神々は「アマゾネスの一人ミュリーネーの墓」と呼ぶ。1書402行目参照。

|

« 2007年1月 | トップページ | 2007年7月 »