« 3・15~75 ヘクトールに叱咤されるパリスの決断 | トップページ | 3・121~244 塔からの物見 »

3・76~120 一騎打ちの申し入れ

78:ヘクトールは、手にした槍を両手で水平に持って、トロイア軍の戦列を引き止めている。(WillcockおよびWalter Leafのコメンタリーによる)

95:単数与格siwpee「静寂」は与格で副詞句となる。ここでもそうだがよく副詞akeenとともに使用される。

103:ここで犠牲は、ゲーとヘーリオスとゼウスへの三頭用意されることになった。Willcockや Thomas D. Seymourの注釈によると、黒色は大地・冥界の色で白色は太陽・オリュンポス山の色、また雌は男神に捧げられ、雄は女神に捧げられたとある。さらに Allen Rogers Bennerの注釈に、地元であるトロイア軍は大地と太陽に、よそ者であるアカイア軍はゼウスに捧げるとある。

105: axete de Priamoio bieen(プリアモスの力を連れて来て下さい)とは、「プリアモスを連れて来て下さい」の回りくどい言い方。(Willcockの注釈による)

109:いずれの注釈もここのoisはイレギュラーな用途としている。「それ(若者の思慮)に老人が介入すると」oisに掛けられた名詞は前行のfrenes(思慮)である。何にしろ若者(例えばパリス)より老人(例えばプリアモス)の方が良いということである。

113:この行にあるhippousは馬だけでなく戦車も含まれている。この時代はまだ乗馬の技術は無く、馬は馬車や戦車を引くためだけに使われていたので、この戦場で馬といえば戦車ぐるみを指した。副詞ekはその戦車から人々が離れて降りた様子を表現している。(Kirkの注釈書(Cambridge Univ)による)

|

« 3・15~75 ヘクトールに叱咤されるパリスの決断 | トップページ | 3・121~244 塔からの物見 »