« 2007年11月 | トップページ | 2008年4月 »

3・383~461 一騎打ちの顛末

389:この行は、その前二行にわたって老婆の説明が入ってしまったため、386行をもう一度言い直している。行頭のteei(指示代名詞女性単数与格)は、386行の行頭greei(老婆)と一致する。388行の指示代名詞minに関して、各注釈書とも老婆を指すとし、malista de min fileeske「とりわけ彼女(ヘレネー)が彼女(老婆)と親しくしている」となる。

395:この時ヘレネーが胸中に掻き立たせたthumonについて、WillcockおよびWalter Leafのコメンタリーは「怒り」であるとしたが、Kirkの注釈書(Cambridge Univ)は前者二つを否定して、アプロディーテーによって引き起こされたパリスへの恋慕としている。前行までのアプロディーテーの言葉からもその方が自然であろう。ヘレネーが怒ったのは、396行目でのアプロディーテーの存在に気づいたからのように思える。

398:副詞ekは、自分の口から声が発せられたことを表現している。

399:ホメーロス時代の人々は、自分の意思や感情を人間の思い通りにならないものとし、恐怖や怒りのような我を忘れた行為は、神などが人間に与えたものであると考えた(岩波新書「ホメーロスの英雄叙事詩」高津春繁著、”九 英雄の世界”参照)。この行でのヘレネーの言葉で、ヘレネーがパリスに付いてトロイアへ来たのはアプロディーテーの意向であったことがわかる。だからこそ3書164行でプリアモスが「この戦争の責任はヘレネーには無い」と言うのである。勝利がメネラーオスのものとなった今、ヘレネーをパリスの元へ行かせようとするのは条約違反である。アプロディーテーの思惑に従いパリスの元へ行った場合、ヘレネーはトロイア女性たちからそのことを責められるわけである(Kirkの注釈書(Cambridge Univ)参照)。だが、ゼウスがこの一騎打ちに関する誓約をはじめから容認してなかった。アプロディーテーはそれを知っていたと思える。

424: Thomas D. Seymourのコメンタリー によると、アプロディーテーが持ってきたdifrosという椅子は背もたれの無いタイプのものである。

427:ヘレネーがパリスから目をそらしている理由は、Kirkの注釈書(Cambridge Univ)によれば、アプロディーテーが390行以降で彼の美しさを語り、誘いかけたことへの抵抗、あるいは複雑な心境を表現しているとある。

441:死を免れたばかりのパリスは妻への恋心で心を満たす。これは死からの脱却を意味し、食欲と性欲はともに生きていることの象徴である。パトロクロスが討ち死にしてからのアキレウスも食事をとらず、心配したテティスが24書128行目で食事をすることと女性と寝ることを勧めるかのような箇所がある。

445:クラナエー島の所在は不明である。各注釈はスパルテーの南に位置するKythera島と推測している。現在ギリシアのラコニア県ギシオから歩いて渡れる陸続きの小島でクラナイ島というのがあるが、これは後世名づけられたようだ。(Willcock、Thomas D. SeymourWalter Leafのコメンタリー参照)

|

« 2007年11月 | トップページ | 2008年4月 »