« 10・180~298 深夜の作戦会議 | トップページ

10・299~468 トロイアの密偵ドローン

307:hoi t’ autw kudos aroitoは挿入句である(Willcock、Leafの注釈参照)。動詞tlaieeは挿入句をまたいで308行の二つのアオリスト不定法をとる。

322:Willcockの注釈によると、行頭ee menは誓約を開始する決まり文句。

366:feugown es neeas「船の方へと逃げる彼(ドローン)は」、ディオメーデースたちはドローンを船の方へ追い立て、それをアテーナーが他のアカイア人に手柄とさせないようディオメーデースに加担した。

375:bambainown(「吃る、震える」の現在分詞)は、ここだけの語で岩波文庫 松平訳では「何やら呟く」としている。オノマトペーらしい。

377:heirownが複数である。手は二つある物なので複数、あるいは動詞apsastheenが双数なので二人に両手を掴まれたとも解釈できる。

437:leukoteroi、homoioiともに感嘆の主格である。(Leafの注釈参照)

450:eisthaはeimiの現在形だが、この動詞は現在形で未来の意味を表す。「お前はやって来るであろう」。またこの動詞は次行に二つの分詞diopteusoonとporemixoonを目的の分詞「~するために」としてとる。特に「行く・来る」という動詞は分詞を目的にとる。

|

« 10・180~298 深夜の作戦会議 | トップページ