第2書 夢見、ボイオーティアまたは船軍の勢揃え

2・816~877 トロイエー同盟軍のカタログ

816:トロイア本軍・同盟軍のカタログが始まる。そのリストは、(1)トロイア本軍と周辺の国からの援軍(816-43)、(2)ヨーロッパ同盟国(844-50)、(3) 黒海の南の岸に沿った東側の人々(851-7)、(4) 小アジア中の内陸の人々(858-63)、(5) 小アジアの沿岸に沿った南の人々(864-77)。(Willcockの注釈による)

832:否定辞を持ったeaske(放置する、容認する)は、すなわち「思いとどまらせようとした」。さらに反復過去なので、何度もそうしようとした。

841:一語目のtown(彼ら”ペラスゴイ族”の)は、次行のeerche(指揮官となった)がとるものだが、二語目から関係代名詞の説明が入ってしまったため、次行の一語目でもう一度townと言い直している。

851:パプラゴネス族を導いたのがピュライメネースなのであるが、直訳では「ピュライメネースの毛深い心において(導いた)」となるであろうか。毛の生えた心とはすなわち「勇猛果敢な気質」をいう。ピュライメネースは5書576行目で討ち死にするが、13書658行目でなぜか再登場する。(Kirkの注釈書(Cambridge Univ)による)

858:トロイア連合軍の紹介に入ってから、ここのように主語が二人(複数)であるのに、eerche(未完了3人称単数)の動詞が使われているケースが目立ってきた。512行目の Thomas D. Seymourのコメンタリーによれば、元は一人だった主語が後に追加され、複数となったためとある。

870:カリア人のリーダー名は、867行目ではナステース一人が上がっていたが、ここで突如としてアンピマコスも追加される。870~871行目は後世の挿入とみる向きもある(Willcock、Leaf参照)。同名のギリシア方エーリス軍のアンピマコスは再三登場するが、トロイア方のアンピマコスとナステースは、ここ以外に登場しない。そして872行目のhosだが、870~871行目をないものとして考えるならナステースのことだし、そうじゃないならアンピマコス・・・もうどっちだって良い。「女みたいな」という形容は、この時代の男性にとっては不名誉なものであろう。

|

2・786~815 トロイエー方全軍の集結

787:アカイア軍勢が戦闘準備に入ったことを、イーリスはゼウスの元から、憂慮すべき知らせとしてトロイア方にもたらした。

794:ここのnaufin(”船”の複数与格)は場所の与格であるが、奪格としての属格の意味を持つ。「アカイア人たちが船々(のある場所)から(離れて)出撃するのがいつかと待ち受けて」

813:トロイア方が集結した丘の名前が、人間と神とでは違っている。人間たちはbatieia「棘(茨の意)の丘」と呼び、神々は「アマゾネスの一人ミュリーネーの墓」と呼ぶ。1書402行目参照。

|

2・681~785 船軍のカタログ(5)北部テッサリア地方-プティエー、ピュラケー、ペライ、メートーネー、トリッケー、オルメニオス、ギュルトーネー、キュポス、マグネーテス

694:ここで今は戦闘から身を引いているアキレウスが、いずれ出陣することがほのめかされる。イーリアスでは殆どの出来事が不意に起きることはない。多くは前もって聴衆に告知される。

724:別の神話であるピロクテーテースの持つヘーラクレースの弓の必要性について、明確に触れてはいないが、「彼らはじきにピロクテーテースのことを思い出すだろう」と、イーリアス後の物語をほのめかしている。

755:神々が誓いをたてる時、ステュクスの河水にかけて誓う。(14書271行目、15書37行目参照)ステュクスは地獄を取り巻いて流れる河で、その河水には毒性があると考えられていた。またティタレーシオスがステュクスから分かれた支流であるとして 、ティタレーシオスの清流が濁ったペーネイオスに混ざらないのはステュクスの恐ろしい誓いのせいであるという。Walter Leaf のコメンタリーに、河水に誓うのは、水は命にかかわるものであり、誓いはもとは厳しい試練という一種の毒であるとの説明がある。

767:「両馬をアポローンが養った」ので、パトロクロスの葬礼競技における戦車競争で、アポローンはこの馬たちを勝たせようとする 。(23書383行目参照)

773:ここのlaoiは明らかにアキレウス配下のミュルミドーン軍の兵士たちをいう。前行のlaownは、単にアガメムノーンの形容詞として用いられているにすぎない、一般のアカイア軍兵士を意味する。以降779行目までにある馬・戦車すべてアキレウスの配下のものをいう。

|

2・645~680 船軍のカタログ(4)南東の島-クレーテー、ロドス他ドデカニサ諸島

658:biee Hrakleeieという良い回しは訳しにくいが、「ヘーラクレースの力のために」とでもなるのか。各注釈書に従い、慣用句で「剛勇のヘーラクレースのために」と理解した方が良いようだ。同じ用法が666行目にもある。

664:殺人を犯したものは、たいがいその地より追放される。リキュムニオスを殺したトレーポレモスも、その慣例に従ってロドスに移り住んだ。

665:ここのhoiに関して各注釈書は、人称代名詞の与格としている。動詞apeileesanがこれをとる。「彼に脅しをかけた」

671:ニーレウスは三回もここで連呼されるが、これっきりこのあと登場しない。三度の繰り返しは聴衆の注意をひいたであろう。それほど「美男である」ということが、古代のギリシア人にとって重視すべき価値観だったかもしれない。

676:岩波文庫(復刻版、平凡社ライブラリー)呉茂一訳「イーリアス」のこの箇所の略注で、「ニシュロス以下の四島はいずれもスポラデス郡島に属する」となっている。Walter Leafのコメンタリーでもスポラデスと書かれている。けれども、現代のギリシアの地図や旅行ガイドブック等では、スポラデス諸島は、サモス、イカリアまでで、以南のコス島ロドス島を含む島々は《ドデカニサ諸島》となっている。どこかの時代で或いは近代で、呼び名が変わったようである。dowdekaneesa(12の島々)と名づけられているが、14島と無数の小島から成る。

|

2・625~644 船軍のカタログ(3)ギリシャ西部-ドューリキオン、ケパレーネス、アイトーロイ

629:関係代名詞wosで始まるピューレウスの説明であるが、patri cholowtheis「父によって憤慨されられて」つまり「父に怒って」。

643:行頭towiは接続詞「それゆえ、従って」であり、towi d’ epiで「それ故に、その上に」となる。またpantaは副詞ではなく主語である。「それ故、すべてが彼(トアース)に与えられた」(Willcockの注釈による)

|

2・559~624 船軍のカタログ(2)ペロポネソス半島-アルゴス、ミュケーナイ、ラケダイモーン(スパルテー)、ピュロス、アルカディエー、エーリス(エペイオイ)

587:メネラーオスは兄のアガメムノーンの部隊から離れたところで陣を構えたとある。10書34行あたりでネストールのところへ赴こうとするアガメムノーンと、向こうからやってきたメネラーオスが往き会うシーンがある。イーリアスの中から彼らの陣屋の位置を割り出すことはできないが、アガメムノーンの陣屋から見て、メネラーオスの陣はネストールのと同じ方向にあるらしい。

594:突如としてこの地(ドーリオンのみを指すのかは判らない)にまつわる歌手タミュリスの挿話が、ここからenthaで始まり、600行目にまでわたる。なので、601行目のtownが指す語(591~594行目登場の民族たち)が、ひどく遠くに感じてならない。タミュリスがやって来たというオイカリアは、730行目テッサリア地方にある。

595:pausan(抑える、止めさせる)は、働きかける範囲を限定するために属格aoideesを取る。

620:618行目のtownは615行目のhoiで示された民族の、範囲を示す属格「彼らのうち(4人のリーダーが)」であるが、同様に620~623行目の3つのtownも、「4人のリーダーのうちの」として4人を説明している。従って、620行目のmen araは622行目と623行目の2つのdeと繋がっていく。621行目のmen~d’ara~は前行のアンピマコスとタルピオスの説明として、更に挿入されている。

|

2・484~558 船軍のカタログ(1)中央ギリシャ地域-ボイオートイ、オルコメノス、ポーキス、ロクリス、エウボイア、アテーナイ、サラミス

484:いよいよアカイア軍の船軍目録の紹介である。場面転換に重要な導入部は、1書1行目と同様、ムーサへの呼びかけから始まる。Willcockの注釈にもあるが、目録は以下の5つの主要なエリアに分けられる。1.ボイオーティアを中心とした、中央ギリシャ(494-558)。2.ペロポネソス半島(559-624)。3.西の島とギリシャ西部(625-44)。4.南東の島(645-80)。5.北部ギリシャ、テッサリア地方(681-759)。

494:一番手に紹介されているボイオーティアが、一番民族数が多い(29民族)。496~507行目の9つのhoiで説明された民族は、509行目のTOWNで集約される。概ねこのような形で民族の紹介が進められている。

527:ロクリスは、中央ギリシアを挟む二つの湾の両側二箇所に存在したと考えられ(Kirkの注釈書(Cambridge Univ)に、位置を記した地図が掲載されている)、その内、参戦したのはエウボイア湾側の者たちである。またWillcockの注釈書で、529行目で小アイアースが身に着けているlonothowreex(麻の胸甲)に関して、ロクリス軍は重い鎧を持たない代わりに、弓と投石による軽装備の軍(13書713-8行目)であり、530行目における小アイアースの槍での活躍の記述が14書520行目にあるとのこと。参照されたい。

542:呉訳注によると、アバンテスは元はトラーキア系の民族で、頭の後ろだけで髪を伸ばしていた。4書533行目にアバンテスとは異なったトラーキア人の髪型の記述がある。(Willcock)

557:サラミース軍の位置については、アカイア軍を守るよう端に陣取っていたと8書225行と11書7行目にある。

|

2・394~483 アカイア軍戦闘準備

402:ここでアカイア軍の主脳メンバーの紹介がある。アガメムノーンはこのメンバーを何かと頼りにしているようだ。9書・10書でも彼はこのメンバーに招集をかけている。しかしその中で二人のアイアースは、いつも一緒に登場するが、出身地も所属部隊も異なっており、ましてや362行目でネストールが提案する部族分けに反していることからも、大アイアースが仲の良い異母弟のテウクロスとではなく、小アイアースと常に一緒に居るというのは不自然である。元はアイアースの名を持つ登場人物は一人だけであったためと言われている。

413:417行の2語目まで、アガメムノーンの祈りを不定法だけで示した文章から成る。

420:この行の形容詞hira(尊い)は中性複数形であるので、一般的な犠牲物(同じ中性複数のmeeriaなど)を指す。403行目では犠牲の牛は単数で出ており、しかもまだこの段階では神に捧げられていない。

453:アガメムノーンが行った士気のテストは、ここに全員が帰国より戦いを選んだことで成功を収めた。そして、この書の冒頭、アキレウスの恥をそそぐためアカイア軍を窮地に立たせるには、戦争をさせなければならないというゼウスの思惑「まずアカイア軍に武装させる」は成就した。恐らくはそれを知らないヘーレーは、アカイア軍のためを思ってアテーナーを送り、人々の帰国を止めたが、それが返ってゼウスの思い通りになったのだった。

459:455行から483行目まで、アカイア軍の進軍の様子がいろいろな比喩を用いて述べられる。文頭のtownについては、PerseusのAllen Rogers Bennerのコメンタリーにこの箇所が載ってるのを見つけた。459行目のtownはこの語の繰り返しとあり、459のtownは更に474行目のtousを取るとのThomas D. Seymourのコメントもある。いずれもアカイア軍の説明を導き出すためにある。

|

2・369~393 集会(5)アガメムノーンの鼓舞

378:Kirkの注釈(Cambridge Univ)にもあるが、ここでアガメムノーンはアキレウスとの口論に関して、自分が先に暴言を吐いた事を認めている。しかし、それもゼウスが自分に与えた苦悩だとしている。

379:人々に「ゼウスが策略を仕掛け、私に名を汚して戻れと命じた(114行目)」と言ったアガメムノーンだが、その後のオデュッセウスの蛇の話と、ネストールの出帆時の落雷がゼウスの吉兆であるとの説得に続いて、その本心がやっと語られ、ここに114行目の話は試しであったことが明かされた。

|

2・278~368 集会(4)オデュッセウスとネストールの演説

278:王笏を手にしてオデュッセウスは立ち上がっている。テルシーテースを懲らしめてから後、どこかに腰を下ろしたわけではないが、これは話を始めようとする人物にスポットライトを当てるような聴衆の注意を向ける効果を狙って、発言の際に「立ち上がった」としている。

305:祭壇(bowmous)が複数になっている。「泉のまわりにぐるりと(amfi peri kreeneen)」という表現から、祭壇が複数あった(呉訳では「両側に」とamfiを解釈している)ようである。イーリアス内では、この語は単数でも「祭壇」の意味で使用されている。

311:蛇に飲まれた9羽の鳥はこの戦争が9年続くことを暗示しているわけだが、「9」という数字は「12」と並んでイーリアス中に出所が多い。疫病が9日間襲った(1書53行)とか、先にも取り上げた9人の伝令(2書96行)、アキレウスはパトロクロスの屍に9年を経た薬を塗り(18書351行)、ヘーパイストスはその昔テティスとエウリュノメーの元に9年間を過ごし(18書400行)、9日間神々に口論が巻き起こった(24書108行)。なにか「9」という数字で一単位になる感じがある。

350:ネストールは、300行以降のオデュッセウスの話とは別の吉兆を語る。右側は幸運の方角であり、24書314行目でプリアモスがアカイア軍の陣屋へ赴く際にも、鳥占いで鳥が右手を横切って幸運の約束がなされるシーンがある。

|